日本全国一律送料無料。
Close up shot of a textured leather.

レザーの
お手入れ

上質なレザーは一生長持ち。
オールセインツの商品のお手入れ方法をご案内。

ジャケット

ジャケット

1. 保護するには

オールセインツのスムースレザージャケットの大部分は特にプロテクトの必要はありません。ですが、追加の保護レイヤーのためには、防水スプレーを使いましょう。

可能であれば、レザーを雨から避けましょう。濡れてしまったら、パニックにならないで。吊るして、自然乾燥させましょう。レザーのシェイプを崩す可能性があるため、熱で無理に乾かさないください。

雨、湿度、直射日光、油、粘性の油(ハンドクリームや化粧品)、アルコール(香水の溶剤)や研磨剤は落ちないしみを作る原因になります。

2. 保管方法

レザージャケットをいつまでも新しい状態に保つには、直射日光を避け、涼しく、暗い換気の良い場所に保管しましょう。

しばらくレザーを着ない時は、通気性のあるダストバッグに保管しましょう。ビニールカバーには絶対に保管しないでください。

3. クリーニングするには

レザージャケットを汚してしまっても、しみがついたばかりなら、やわらかい湿った布でやさしく拭き取れば大丈夫。

落ちにくいしみを力強くこすらないでください。汚れが落ちない場合、レザー専門のクリーニング業者に相談するか、適切なレザーケア製品を使用してください。

ハンドバッグ & アクセサリー

ハンドバッグ & アクセサリー

1. 保護するには

オールセインツのレザーバッグを長く使うには、しっとりしたツヤを保つには高品質のクリームを、光沢感のあるツヤを出すにはビーワックスポリッシュを定期的に使用してお手入れしましょう。クリームを塗る前にバッグが濡れていないか常に確認しましょう。

マットなパイソンレザー:製品を必ずうろこの方向に合わせて使うようにしましょう。これによって、レザーを保湿し、ひび割れを防ぎます。

スエードやヌバックのハンドバッグやスモールレザーグッズのお手入れには、スエードブラシまたはホースヘアブラシを使って、スエードを両方向にブラシ掛けしてください。

天然レザーを損なうため、バッグにはクリーニング液や液体のポリッシュを絶対に使わないでください。レザーバッグが濡れてしまったら、自然乾燥させてください。

2. 保管方法

使用しない時はバッグの中に詰め物を入れ、付属のグレーのダストバッグの中に保管することをおすすめします。ビニールのパッケージに保管することはお避けください。

レザーベルトは直射日光の当たらない湿度の低い場所に保管しましょう。

3. クリーニングするには

オールセインツのレザーバッグを長く使うには、しっとりしたツヤを保つには高品質のクリームを、光沢感のあるツヤを出すにはビーワックスポリッシュを定期的に使用してお手入れしましょう。クリームを塗る前にバッグが濡れていないか常に確認しましょう。

マットなパイソンレザー:製品を必ずうろこの方向に合わせて使うようにしましょう。これによって、レザーを保湿し、ひび割れを防ぎます。

スエードやヌバックのハンドバッグやスモールレザーグッズのお手入れには、スエードブラシまたはホースヘアブラシを使って、スエードを両方向にブラシ掛けしてください。

天然レザーを損なうため、バッグにはクリーニング液や液体のポリッシュを絶対に使わないでください。レザーバッグが濡れてしまったら、自然乾燥させてください。

シューズ

シューズ

1. 保護するには

保湿し、ひび割れを防ぐため、レザーシューズは定期的にお手入れしましょう。しっとりしたツヤを保つには高品質のクリームを、光沢感のあるツヤを出すにはビーワックスポリッシュを定期的に使用してお手入れしましょう。クリームやワックスを塗る前に、シューズが濡れていないか常に確認しましょう。ファインレザーシューズに液体のポリッシュを使用しないでください。

レザーシューズが濡れてしまったら、自然乾燥させてください。絶対に熱やラジエーターに直接当てないでください。

天然のレザーヒールやソールは複数のレイヤーで作られているものが多いです。濡れるとレザーは膨張するので、レイヤーが剥がれないようにするため、ゆっくり乾かしてください。

2. 保管方法

シューズの形を保ち、シューズを熱や日光に極力さらさないように保管しましょう。

シューズの形を保ち、余分な湿度を吸収するため、保管時にはシューツリーやシューモールドを使いましょう。

3. クリーニングするには

スムースレザーのシューズはやわらかく乾燥した布で汚れを取り除くことができます。スエードやヌバックのシューズはスエードブラシでやさしくきれいにしましょう。落ちにくい汚れを取り除くには靴のお手入れ製品が必要になります。

レプタイル柄

Close up shot of a reptile cutwork leather.

牛革に手作業でレプタイル(爬虫類)の革模様の複製を作ります。うろこの方向にブラシ掛けしてお手入れしましょう。

スエード

Close up shot of a Sueded leather.

スエードは革の裏面をサンドペーパーで起毛し、羽毛を揃えて作られます。防水スプレーでお手入れしましょう。

ヌバック

Close up shot of a nubuck leather.

ヌバックはレザーの表面をサンドペーパーで起毛して作られます。「ナップ」と呼ばれる面のテクスチャーを定期的にやさしブラシ掛けし、ヴェルベットのような手触りを保ちましょう。

知っておきたい
ポイント

ファブリックのもつ有機的な性質のため、成長痕、シボや色ムラが想定され、天然レザーの個性とされています。

色、模様、テクスチャーも含むムラは欠点ではなく、レザーアイテム一点ごとに異なる持ち味です。

レザー、スエードやヌバックは天然仕上げのため、他の製品に色移りする可能性があります。

レザーのためだけに生育された動物はいません。レザーは動物の価値の1.2 %の副産物です。

必要な時は、環境に配慮した方法であなたの服をお手入れしてくれる専門店によるレザークリーニングをおすすめします。

着用期間と回数に応じて、天然レザーのエイジングが進みます。

レザーベルトは使い込んでいくと少し伸びる性質があります。

クロムフリー
タンニング

Colse up shot of a Chrome free tanning leather.

オールセインツの多くのレザー商品が該当します。クロムフリータンニングは、三価クロムを使わずになめす方法で、高い生分解性をもつレザーです。

リサイクル
ポリエステル

Close up shot of a recycled polyester leather.

リサイクルポリエステル、通称rPETは、既存のプラスチックを溶かし、新しいポリエステル繊維に再紡績することで作られます。

ベジタブル
タンニング

Close up shot of a vegetable tanning leather.

ベジタブルタンニングで生産されたレザージャケットもあります。木の実、果実、木の皮や葉など、天然化合物から染料を作ります。

Close up shot of a leather jacket

オールセインツの
こだわり オールセインツのレザーストーリー